眠れない

眠れない…。そんな時どうしたらよいか探して…。

眠れない

 

眠れないを放置しない。

 

 

毎晩ぐっすり眠れない。不眠は「眠れない」という夜の苦痛だけではなく、
昼間の眠気、カラダのだるさ、集中力の欠如など、
カラダやココロにさまざまな影響をおよぼします。

 

最近あまり眠れない。と感じている場合は早めに何らかの対策を取りましょう。

 

日本人に3人に1人が眠れないと感じている。

 

 

ストレス社会と言われている現在の社会の中で、
眠れない。と感じている人は年々増えていると言います。

 

日本人の成人の3分の1が眠れないと感じていると言います。

 

不眠症とほかの病気の関係

 

 

カラダやココロの病気、クスリなどの影響が眠れないという状態になることもあるようです。

 

また眠れない状況は健康を妨げることにも繋がることもあります。

 

たとえば眠れない状態が長く続くことにより、
うつ病になるリスクが高くなるという話もよく聞きます。

 

高血圧や生活習慣病などにも
関連しているという話も聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

あなたの不眠の症状は?

 

 

眠れない症状はいくつかのタイプがあるようです。

 

1つだけに当てはまっている場合もあれば
複数タイプに当てはまっていることもあるようです。

 

それによって対策や場合によっては治療したほうが良い場合もあります。

 

○なかなか寝つけない

 

布団に入って寝つくまで時間がかかる。

 

この場合、精神的な問題、
不安や緊張が強い時などに起こりやすいですよね。

 

私もこれはよくあります。

 

○夜中によく目が覚めてしまう。

 

寝ている間に何度も目が開いたり、
一度目が開くと、そのあとなかなか眠れない。

 

この状態の方も多いのではないでしょうか。

 

これは眠れないという方の中でもっとも多いようで、
おもに中高年に多いようです。

 

○朝早く目が覚めてしまう

 

朝、予定の起きる時間より勝手に早く目が覚める。

 

目覚ましを掛けた時間より一時間以上早く目が覚めてしまう。

 

予定より2時間以上前に目が覚めて、
その後眠れないことが多い。
高齢者の方にとくに多いようです。

 

○ぐっすり寝た気がしない

 

これが私の中では一番辛い気がします。

 

睡眠時間を十分にとっているはずなのに熟睡した気がしない。

 

この場合、ほかのタイプの不眠症と重なっている場合もあるようです。

 

さまざまな事などから起こる眠れない状態。

 

 

眠れない原因は人それぞれかと思いますが、
その1つに考えられるのが「睡眠」と「覚醒」のバランスの乱れにあると言われています。

 

眠りたい時にさまざまな理由でカラダを覚醒させる機能が眠りを誘う機能よりも上回ってしまった場合、
眠れなくなるようです。

 

○(仕事、家庭、ローン、疲労、人間関係のストレスなど)

○(睡眠週間の問題、睡眠リズムの乱れ)

○生活習慣病、脳神経疾患、呼吸器疾患など)

○うつ病などの精神疾患

○アルコール、クスリの影響。

 

快眠のための工夫とは?

 

 

快適な眠りを手に入れるためには、正しい眠りの知識、
規則正しい生活習慣が一番重要なようです。

 

まずは実践できそうなものから毎日の生活に取り入れてみると良いのではないでしょうか。

 

 

(睡眠の準備)

 

 

 

 

 

眠れない時にどうしたらよいのか本当に悩みますよね。

 

私もたびたび眠れなくなるので本当に困っています。

 

いつもではないとしても、
全然寝付けない時ってありませんか?

 

今後、この悩みを解消すべく、
あちこちで見たり聞いたり調べたりした情報を
できる限り掲載していければと思います。

 

ただ、方法がたくさん見つかったとしても、
自分に合うか合わないかはまた別だったりしますよね。

 

私も良いと言われればあれもやった、これもやった。

 

たとえば昔、ちょっと流行ったカモミールなど。

 

本当にいろいろ試しましたが、
本当に効果を感じたのはごくごくわずかでした。

 

布団に入っても交感神経というものが働いたままだと
やはり寝つきが悪いのだと言います。

 

眠るには、副交感神経が働かないと寝れないものだとよく聞きます。

 

副交感神経を働かすためには、
一度起きる事によってスイッチを入れ替え易くするのが効果的だそうです。

 

布団に入って寝たままだと、
そのスイッチが切り替わりにくいのも事実です。

 

なので、布団から出て一度起きる、
それから1時間くらい他の事をしてからまた、
布団に入るとスッと眠れるよになるようです。

 

それからこれもよく聞きますよね。

 

お風呂に入ってリラックスしてから布団に入ると、
ゆっくり休めるような話。

 

しかし上がって一時間はなかなか寝れなくないですか?

 

眠るには、カラダが少し冷たくならないと眠れないようです。

 

交換神経を働かせる。

 

たとえば一回起きて本を読んだり、あるいは洗濯ものをたたんでみたり、
このようなことから少しずつ良質の睡眠が取れるようになればいいですよね。

 

お互いに頑張りましょう、
日ごろの疲れを取るために。