生きていることが辛い

生きていることが辛い。光は急に見え出す。

生きている事が辛い。そう思ってしまう事はありますよね。私もありますね。自分の人生を振り返って、他人と比べた時でしょうか。ものすごく辛くなったりしますね。私の場合を例にすると、子供の頃から思い描いていた人生と今の人生があまりにも違うということ。私はただ、普通に生きたかっただけなんです。平凡こそ、私の理想というか、普通に大学に行き、普通に就職し、普通に結婚して子供を作り、家族を養いながら定年を迎える。そんな人生が普通に来ると思っていたんでしょうね、自分でも。でも現実は全然違いました。大学は受けたんですが不合格、専門学校に流れ、就職しましたがすぐに辞めて、しばらくはニート生活、その後はどうにか就職しましたが30代後半を過ぎた今も独身、ただ働いて家に帰り、寝るだけの生活。でも、そんな私にも少しだけ光が見えてきたんです。