眠いのに眠れない

眠いのに眠れないあなたに…。

眠いのに眠れない、

 

いつも睡眠不足のような感じがする。

 

そんな時もありますよね。

 

まったく眠れないという時は、
もしかすると会社や学校、家で嫌な事があるのと関係しているのかかもしれないですね。

 

 

眠いのになぜか少ししか眠れない、
疲れてクタクタなのに全然眠れない。

 

どうすれば眠れるのか考えものです。

 

まず食べ物の消化には時間がかかるということで、
そのせいで熟睡しにくくなる場合があるようなので、
眠る前の4時間前くらいから何も食べないようにすると効果があるようです。

 

カフェインの話はよく聞きますよね。

 

なにか飲みたくなった場合はホットミルクが良いようです。

 

トリプトファンという成分が眠りを手伝うような感じです。

 

携帯やパソコンの光、またはテレビの光なども入眠しにくくなるようです。

 

よく寝る前にテレビを見ながら寝るという方も少なくなと思います。

 

私は完全にこれです。

 

生活の中で嫌なことあっても、
生活とともに嫌なことは浄化されていきます。

 

つらいことがある場合は時間が解決してくれるので、
気にしないようにゆっくり過ごしていくと良いと思います。

 

嫌なことはすぐに考えてしまいがちですよね。

 

次の朝は楽しいことをしようと切り替え過ごしていると、
嫌なことは意外に解決してるものです。

 

ぐっすり眠れなくて辛い…。

 

ぐっすり眠れなくて辛い!最近特に熟睡できないという状況が続いている方は少なくないと思います。

 

自分自身の悩みが深い場合は特に、熟睡を妨げてしまうことが多いのも事実です。

 

例えば環境が変わった、転職したばかり。など、何らかのストレスがある場合は、
深く長く眠れていない気がする、寝つきは良いくてもなぜか寝た気がしないという状態かと思います。

 

このようなことを誰かに相談すると、心療内科などを勧められる場合がありますが、
睡眠薬などに頼ってしまうと、あまりよくない精神状態になることもしばしばあるようです。

 

規則正しい生活を送り、、
枕を変えたり、光を抑えた遮光カーテンなどを使うことで、
何となく眠れる気持ちになってくるといいます。

 

ホットミルクを飲んだり運動してカラダを疲れさすことでホッと感を感じるようになると、
気持ちが落ち着き眠れるようになるかもしれません。

 

一方で決まって夜中に起きてしまいそれ以上眠ることができないという方も少なくないようです。

 

この場合、日中は眠く、カラダもきつくなりますよね。

 

その場合、こんなことをいう方もいます。

 

 

寝なければいい。

 

丸2日起き続けていれば薬がなくてもよく眠れる。

 

考え方としては無理に眠ろうと思わず、時間がもうけた!と考え、好きなことをストと良いのかもしれません。

 

無理に寝なければ眠らなければ。と思うから辛くなる、
眠くないから寝ない!こんなイメージ、方法も試してみると良いかもしれないですね。

 

 

前日は夜ふかし…。

 

 

ぐっすり眠れなくて困っているという方は多いのではないでしょうか。

 

私もその一人です。

 

眠れているのに寝た気がしないというのはとにかく辛いです。

 

精神的にちょっと嫌な感じがしますよね。

 

環境が変わった場合などのストレスなども関係しているかと思います。

 

寝つきは良いのに寝た気がしない!

 

これを改善する方法のひとつに、
前日、遅くまで起きているという方法があります。

 

私はある日、飲み会で、夜中の3時くらいに帰宅し、
それにもかかわらず、仕事のため7時前には起きなければならず、
ひどく眠い思いをしましたが、
その日の夜は10時に布団に入り、
何ヶ月かぶりにぐっすり眠ることができました。

 

一時期は睡眠薬を考えましたが、
あまり薬に頼るのも良くないのはわかっていたので、
ほかの手を考えなければと思っていました。

 

なので意外に前の日はあまり寝ないという単純な発想で、
良質な睡眠が取れるのかもしれないです。

 

規則正しくしなければ、私は神経質で、自分で言うのもなんですが
まじめなほうだと思いますので、寝なければ、眠らなければ。という気持ちが、
かえって良くなかったのかもしれないです。

 

参考になれば幸いです。